フォト

« 素晴らしい仲間達 | トップページ | FM放送。 »

2012年11月12日 (月)

花への想い

hospital病院は無機質な印象を受ける場合あります。当然、楽しんで入院している訳でもなく、大変な思いしながら、治療を受けています。
 以前は入院、特に手術後は安静を要求されましたが、今では早期離床が勧められています。私達医療側にとっては、早期離床は早期に機能を回復を計るために行うのですが、当の本人にとっては「こんなに痛いのに歩行なんて」と思うわけです。 

以前退院された患者さんから「廊下の歩行時、あと一周頑張ろうpunchと思う目標があれば良いのですが」と指摘をされたことがありました。  その後他の患者さんから「趣味で作っている造花があるのですが、飾って貰えませんかと」 ご提案がありました。

Img_0124_3 有り難く廊下に飾らせて頂きました。

患者さんの目標にと置いたのですが
病棟を回るたび、その花に心が和み、癒されているのは自分でした。

お花を飾ってくれた患者さんに感謝です。

どうして人は花を見て癒されるのでしょうか
私達のDNAの中にそれが隠されているのでしたら・・人間ってなんで素晴らしいのかと感動してしまします。

« 素晴らしい仲間達 | トップページ | FM放送。 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/590699/56099135

この記事へのトラックバック一覧です: 花への想い:

« 素晴らしい仲間達 | トップページ | FM放送。 »