フォト

2021年9月24日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第4週)

9月も後半になりました。全国的に新型コロナウイルス感染症の新規感染者が減少傾向がありますが、我が沖縄県は未だ全国1位感染状況です😂 最近はよい天気が日が続いていたのですが、今後台風16号の動きにも注意が必要となります。早め早めの対策をとって頂きたいと願っています。

Th_img_5666
今週の生け花は正面から見ると細長い花器の上に黄色いミニ薔薇と赤紫のカーネーションにクルクマの青い葉が重なり合い、上方には実をつけた紫式部が伸び伸びと空間に広がっています。 とても上品な淑女を見ている気がします。 若い子には出せない大人の女性の雰囲気です(意味不明?)😅

Th_394

斜めからみると日本の筒型の花器を連結させてような形となっています。そのため前後の奥行きが出来て三次元的な立体感も出すことが可能だったのですね。
Th_394_20210922174101

アップにするとそれぞれに違いのある花材を使っているのがよく分かります。
Th_394_20210922174102
コロナ禍で大変と思いますが、これからの秋を楽しめた来意ですね✌️
<花材:紫式部、カーネーション、ミニバラ、クルクマの葉>

2021年9月22日 (水)

白癬症はなぜ水虫とかタムシと呼ばれたのか?

今日のFM放送は「白癬症」について話をしました(私は外科医ですので皮膚科は専門外ですので調べた範囲内で話をしました)

日本皮膚科学会皮膚真菌症診療ガイドライン(2019)によると、足白癬(足の水虫)の有病率は21.6%で日本全体での患者数は2,500万人程度。また、爪白癬(爪の水虫)は 10.0%(1,200 万人程度)と報告されています。

真菌の菌類(きんるい)とは、皆様ご存じのように、一般にキノコ・カビ・酵母と呼ばれる生物のことなんです。その中の皮膚糸状菌(白癬菌)が皮膚に感染することを白癬症と呼んでいます。皮膚糸状菌は、タンパク質の一種であるケラチンを栄養として必要とする糸状菌(真菌の一種)です。ケラチンは人間の皮膚の外層を構成する成分で、同時に毛や爪の主な材料でもあります。皮膚糸状菌は、生きのびるために皮膚、毛、爪を養分とする必要があります

糸状菌のうち、皮膚の一番表面の角質層に感染して起こす皮膚疾患を白癬症といい、そのうち足に発生するものを俗に水虫(足白癬)といいます。外陰部に感染した場合は「いんきんたむし(股部白癬:コブハクセン)」、手足以外の胴体、腕などに感染したものを「たむし」や「ぜにたむし」(体部白癬)と一般的に呼びます。 さらに頭に感染してできる皮膚疾患は「しらくも」(頭部白癬)と呼びます。ですので水虫も、タムシ、インキンタムシ、ゼニタムシ、シラクモも、場所の違いで名前も変わってしまいますが、原因となるのが、皆、白癬菌であることには変わりありません。

以前は高温多湿となる梅雨時から夏にかけて多くなる季節病でしたが、暖房の普及、靴を初めとする生活の西洋化で、サラリーマンの4人に1人、オフィスレディの5人に1人が感染している通年病、国民病ともなってきています。(実際の白癬症のタイプについてては以前のブログを読んで下さい→水虫は季節病から通年病へ

今日の白癬症という医学用語での話ですが、俗に言う水虫といったりタムシ(田虫)と呼んだりと、カビなのに何故「虫」といったのでしょうか?

Th__20210920192701

折角ですので調べてみたら次のようなことがYahooニュースに書いてありました(→https://news.yahoo.co.jp/articles/6989228ad35c8a3631f3dfba7f37593288768bdf)。きっと医学書には載っていないと思います😅

「水虫という名前が登場したのは江戸時代のことだそうです。 田植えなどの田んぼ仕事の季節になると、当時は、足に強いかゆみがある水疱(すいほう)のできる人が数多くいたそうです。恐らく、1日中田んぼの水の中に入っていたでしょうし、帰って来ても雨の時期でもあるし、当時の農家の家の中も湿気が多かったと推測します。水虫にかかる環境ではあったはずです。 しかし当時は裸足だったでしょうから、冬場にはこのような症状はなくなっていたと考えます。 ですので、当時の人々は田んぼの中にいる虫が影響して足がジクジクと痒くなったりしたと考えるのごく当然のような気がします。 当然 今のように医学が発達している時代でもなかったので、カビが悪さをしているとは思いもせず、水の中にいる正体不明の虫に刺されたと思い込んでいた様だと記載されていました。なるほどこれが水虫とか田虫と呼ばれ始めた由来なのですね。

色々と調べると面白いです。

2021年9月19日 (日)

世界を夢みて(260):リュビリャナ市内観光No2

2013年:リュビリャナ市内観光No1の続き

青空青果市場の面したとことに聖ニコライ大聖堂があります。リュブリャナ大聖堂とか聖ニコライ(ニコラオス)大聖堂とも呼ばれています。教会の呼び名については以前描きましたが、大聖堂と名前が付くからにはこの地域の中心的な教会であることが分かります。緑のドームと2つの鐘楼が特徴で、リュブリャナの中心地にあります。

Th_dsc01271

最初の教会は1262年に建てられたようですが、その後1361年、1461年にも改築されたようです。今の状態は1701年から1706年にかけてイエズス会の建築家アンドレア・ポッツォによりバロック様式の教会と2つの両側の礼拝堂の十字架の形に改築されたとのこと。

Th__20210620135601

教会の入口にはスロベニアの歴史が描かれた青銅の扉があり、皆が触れるために金色に輝いています。

Th__20210620135701

バロック式の正面の祭壇は豪華絢爛です
Th_dsc01288

後方にあるパイプオルガンも美しいのですが、手ぶれがひどい写真で不鮮明です。この時期までは小さなコンデジしか持っていませんでした。それ以降はもう少しまともなコンデジに換えて、最近は一眼レフで撮影するようにしています。
Th_dsc01281

内装はバロック様式イタリアのフレスコ画家ジュリオ・クアーリョにより1700年代に描かれています。天井のフレスコ画も美しいのですが、昔のコンデジでは限界です。まあ雰囲気だけでも伝わるでしょう😅

今回は大聖堂を見学後も大雨が続いています。その中で本来なら遠くにアルプスまで望めるリュブリャナ城へと向かいました。

Th_dsc01237

リュブリャナ城に登るために小さなケーブルカーがあり、往復で3,5€です。この距離にしては意外と高いと思いましたが、多くは観光客ですので仕方ない値段設定かも知れません。
Th_dsc01246

リュブリャナ城の内部は広場になっていて、カフェなども楽しめるようです。
Th_dsc01243

晴れていたら大絶景ですが・・・😭 市内が一望出来、遠くはアルプスの山々まで見れるとのことです・・・そう思って観るしかありません😀
Th_dsc01338

時々ヨーロッパ諸国を回っていると、意味不明なものをぶら下げたりする光景に出会います。リュブリャナ市内では、このように沢山の靴がぶら下がっていました。色々なアピールだったり印だったりと世界的に統一はないそうで、誰かが初めて皆が追従するのかも知れませんが・・・一応名前があるようです。「shoes(シューズ)」 + 「graffiti(グラフィティ)」の造語で、「シューフィティ(shoefiti)」というらしいです。 まあこれも街の1部だと考えて写真を撮りました・・・ウ〜ン、美的にはイマイチかな😀

Th_dsc01350
昼食を取って、リュブリャナから移動となった時に青空が見えて来ました。

Th__20210722121601
リュブリャナ市庁舎前の広場に丸い噴水に彫刻、オベリスクが置かれていました。ネットで調べると他の旅行者のコメントがありました。3つのカルニオラン川の噴水またはロバ噴水(動物のロバではなくて作成者の名前に因んでいるとか?)と呼ばれているようです。有名なローマの噴水をモデルにそれを飾る3つの川の神の彫刻は、スロベニアを流れるサヴァ川、リュブリャニツァ川、クルカ川の3つの川を表しているそうです。
これから車で2時間半かけてザグレブに移動です。

2021年9月17日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第3週)

9月も中旬となりました。南国の沖縄でも夏が遠ざかってゆくのを感じます。迷走した台風14号が向かう地域の皆様には気をつけて早めの対策をとって欲しいと願っています。 

Th_img_5644

丸いお盆のような花器が目立ちます。よく見ると少し大きめの黒色の花器の上に赤い花器を並べた二段重ねになっていました。この辺りも美へのこだわりを感じます。花器の中心部からすっと上方に伸びた構造となっています。 やはりススキを見ると秋が近づいたのだと感じます。 今では年中色々なお花が出回っていますので、お花で季節感が出しにくい場合もありますが、はやり「ススキ」には秋の風を感じます😃
Th_393

左右斜めから眺めると、花材の配置が分かって来ます。正面からでは分からない部分も出て来ますので、斜めになって初めて気がつくこともしばしばです。
Th_393_20210916181601

丸く白からピンク調の実をつけているのがシンフォリカルポスで、中北米から中国が原産国で、9月から12月にかけて実をつけるそうです。ケイトウやカーネーション、ホトトギスもあまり自己主張をせずにまとまってくれています。
Th_393_20210916181602
<花材:ススキ、ホトトギス、シンフォリカルポス、カーネーション、ケイトウ、ハラン>

2021年9月15日 (水)

コロナ禍で募る旅への憧れ

今日は第3週の水曜日で会議のためにFM放送がありませんので、医療ネタもありません。医療者としてコロナの中での仕事への負担を感じることも正直ありますし、それ程長くなると徐々の体力・気力を消耗してしまいそうにもなります。

1年365日働いても構わないのですが、やはり1年に1回全てを忘れて旅行に出たくなります。昨年はコロナの影響で旅に出るのはあきらめていましたが、まさか今年も行けなくなるとは想像していませんでした(私の医療者としての読みが甘かったのだと反省しますが・・😂)。

旅は憧れ、心の解放です。 私のような職業、役職は24時間拘束されていますし、真夜中から呼び出されることもあります。 旅はこの重圧からひととき開放して、心をリセットしてくれるのです。 勿論旅への憧れではなくて、コロナ禍で仕事が失われてそれどころではない方も沢山いらっしゃいます。 その方々を想うと私の考えは甘いと非難されると考えます。 自由に動けないことがこんなに大変だということを思い知らされます。

まだまだコロナウイルスと人類の戦いは続きます。でも人間の英知はこれを必ず克服出来ると信じています。ワクチンもまだまだ有効です、もしも2回で駄目なら、3回打てばいいし、何度でも有効であれば打ち続けます。新たな変異株が出現し現在のワクチンが効果がなければ新しいワクチンを作ればいいし、治療薬も確実に出てくるはずです。 我慢して耐え抜く力があればトンネルの先に光が見えてくるはずです。

Th__20210915103301

次第に「次の旅行まで頑張るぞ」と鼓舞してきた自分の意志が揺らいでしまいそうです。それでも新たな旅を想像し希望を見いだそうと想う日々が続きます。

 

〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**〜**

昨夜You-tube(https://www.youtube.com/watch?v=CeAamSNNLxI)に友部正人さんの「どうして旅に出なかったんだ」を聴いて、心を突き刺された感じがありました。俺は何でここに留まっているのかと考えてしまいました。嘘つきではなくて出る勇気がないだけなのに、考えても意味もないのにね・・・ただ考えただけです😂 私のYou-tube作品ではありません(ご了承下さい)。

 

2021年9月12日 (日)

世界を夢みて(259):リュビリャナ市内観光No1

成田→ヘルシンキ→スロベニアのリュブリャナ空港から市内に入りました。次の朝からブレッド湖の観光を終えて、その日はホテルまで街歩きをして食事を取って寝ることに。

Th_3_20210620014901
その日までは天気もよく少し写真も撮ることが出来ました。その翌日はリュブリャナの市内観光となっていました・・・しかし朝起きたら大雨です😢。 基本的に旅行では「晴れ男」の私ですが、珍しく大雨です。先に前日の天気のよい日の街の中心である「プレシェーレン広場」と「リュブリャナの3本橋周辺の写真を載せておきます。上の写真の銅像がこの広場の名前となったスロベニアで有名な詩人フランツェ・プレシェーレンです。

Th_dsc01231リュブリャニツァ川にかかる3本橋で、写真の右側は本橋で、左川が後に足した歩行者用の橋で、反対側にも歩行者用の橋があります。それも平行に走っている訳でなく写真のような斜めに造られています。この橋はスロバキアを代表する建築家のヨジェ・プレチニクが設計しています。彼は若いことはウィーンやプラハで活躍し、後年故郷のリュブリャナへ移り住んで、3本橋、竜の橋、国立大学図書館や国会議事堂などを手がけたそうです。もしかしたらウィーンやプラハでからの作品を観ていたかも知れませんね。


Th_3_20210620105501
リュブリャナ観光で常に出てくる3本橋ですが、最初は今場所に立っても、3本橋の意味が理解出来ませんでした。やや遠方から橋を眺めると1本の橋にしか感じませんでした。 実は次の写真のようになっています。

Th_3_20210620110401
旅行では晴れ男の私も、リュブリャナ市内観光の時には朝から大雨でした・・・😢 そうなれば雨を楽しめばいいだけです・・・😊

Th__20210620111701
3本橋の後は川沿いを「肉屋の橋」を通り超して、リュブリャナのシンボルである「竜」がある「竜の橋」です。ヨーロッパ特にむかし東欧と呼ばれていた国々では結構このドラゴン伝説が健在で、多くの場所でドラゴンを見つけることがあいます(→ポーランド・クラクフの竜

Th_dsc01262
大雨の中で見上げる竜は迫力満点です。竜の口元からも水が滴り落ちていてより威圧感があります。

Th_dsc01264
竜の橋からすぐ横にある「中央青果市場」と向かいます。上の写真の右側はレストランなどが入っているようで、雨の日でもテラスで朝食をとっている多くの市民がいました。

Th_dsc01253
Th_dsc01255
周辺の農家から直接届けてくれる果物や野菜は新鮮で美味しそうです。
Th_dsc01268
色々なキャンドルも売られていました。アロマキャンドルなのでしょうか? お部屋の飾りにも使えそうです。
Th_dsc01270
Th_dsc01269
この可愛い自動販売機は何と牛乳の販売機でした。初めて見ました✴️
Th_dsc01266
これも昔の市場ではよく使っていたのでしょうか? 秤が置いてありました。
スロベニア共和国の首都リュブリャナはコンパクトにまとまった可愛らしい街でした。写真が多くなりましたので、リュブリャナ観光の後半を次回記載致します。

2021年9月10日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第2週)

9月も中旬になりました。そろそろ本土の方では秋の気配を感じることが出来るかも知れません。

もう何度目の延長になるのかも分からなくなった緊急事態宣言が今月の30日まで延長されました。緊急事態という言葉さえ、特に若い世代には何の意味も持たないかのような雰囲気になっていることが心配です。 昨年から新型コロナウイルス感染症に対してはワクチンしか現時点で対応がないために、1日でも多くの国民が接種することが重要であるとブログでもFM放送でも話をしていました。

日本のワクチン行政は訴訟の問題などでとても消極的です。今年の前半頃、やっと医療機関でもワクチン接種が始まりましたが、なかなかワクチンが供給されず接種が出来る状況ではありませんでした。ワクチンが届かないのに、厚生労働省から通達で「ワクチン接種により差別や不利益が生じないように」という通達が来たのには呆れました。勿論ワクチンの接種は自由で接種の有無により差別することをすることはありません。 マスコミなどでも副反応のことが報じられ、ネットでは不妊になるなどのデマも見受けられました。 それでも自分のため、仲間のため、家族や社会のためにワクチンを打つ方が多くいました。 ではこのような副反応が出ることも覚悟してワクチン接種を受けた人のメリットに関しては厚生労働省はじめ、政府は何も言及しませんでした。 ワクチン接種が体質的にあわない方もいます。 ワクチン接種を受けたくない方もいます。その人達の人権も認めますし、差別をすることはしません。 しかし打った方のメリットは与えるべきだと考えています。 既にヨーロッパなどでは広くワクチンパスポートなどが普及していて、2回目の接種を終えて2週間経てば、国をまたぐ旅行や美術館などの公共施設、大規模なイベントに参加出来る仕組みが出来上がっています。 日本ではワクチン接種率が遅れたせいもありますが、やっとワクチン接種のメリットを保証するようなことが総理からも述べられています。

接種後の痛みや発熱などの副反応も覚悟して接種した方のアドバンテージも認めて欲しいと思います。その方が若い方も積極的に打つメリットを感じると思うのです。 ワクチンが体質的に打てない方もいます。まだ子供さんにはワクチンが打てません。 ですから打てる方が先に接種をすることで打てない方に対しては社会で守るようになって欲しいと願っています。

Th_img_5612

今週もいつもの2階の場所に生け花が飾られていました。上部から光を入れると、グラジオラスの白い花が反射して眩しく、フロアには幻想的な影が投影されていました。
392

斜めから見ると、レッドウイローが弧状を描いていて、それぞれの花材の前後関係もはっきりとして来ます。素人の私からみてもこのような配置や構造を考えるセンスは凄いと思ってしまいます。
392_20210910113001

このように拡大すると、それぞれが特色のある花々ですね。それをアレンジして綺麗に仕上がるのはやはり練習や型の習得が必要なのかも知れません。
392_20210910113002
<花材:レッドウイロー、ベンケイソウ(オータムジョイ)、グラジオラス、姫ヒマワリ、トルコギキョウ、枯木>

2021年9月 8日 (水)

胃がんの原因<慢性炎症や慢性の刺激による発癌のリスク>

今日(2021年9月8日)のFMレキオは「胃癌について」の説明をしました。

日本は世界的にみても胃癌の発生が多い国の1つです。

胃癌の診断や手術をする際に「どうして胃癌になったのでしょう」と質問を受けることがあります。今現在でも答えは簡単ではありません。

癌の一番の原因は・・・・「年齢です」・・・と答えるとある意味正しいのですが元も子もありません。 寅さん風に言うと「それを言っちゃあ、おしめいよ〜」となるわけですので、まじめに話をすすめます😅

現在の胃がんの主なリスクとしては①ヘリコバクターピロリ菌感染 ②多量の塩分 ③喫煙 ④多量飲酒 ⑤緑黄色不足・・など

胃がんは胃の粘膜から発生しますが、癌化はその粘膜内で何らかなの長期的な刺激や感染によるダメージの継続で細胞のDNAが次第に破壊されて癌化が始まって来ます。

昔ブログで書いたイラストを再度利用して、もう一度まとめてみたいと思います。

<胃の粘膜への長期的な刺激で何故がん化が起こるのか>歴史的な経緯を参考に簡単にまとめてみました。

(A) 少し歴史を遡りますが、発がんのメカニズムについて、19世紀にはデンマークのフィビガー先生の提唱した「寄生虫発癌説」とドイツのウィルヒョウ先生が唱えた「癌刺激説」の二大論争が起こりました。
当時ヨーロッパで煙突掃除夫の間で陰嚢癌が多発しました(陰嚢がんはこれまで稀でした)。ススがズボンの中に入り、陰嚢の部分に貯まることが原因ではないかと考えられました。

それを実験で証明したのは、実は日本の病理学者の山極勝三郎先生と市川厚一先生でした。今のように日本人の科学者が正しく評価されていたら恐らく日本にノーベル医学賞があとひとつ生まれたのは確かですこの2人は来る日も来る日もウサギの耳にコールタールを塗ることを繰り返すことで、塗った部分から癌が発生したのです。世界で初めて実験で癌を作り出すことに成功し「癌刺激説」が優位となりました。 持続する刺激や炎症が発癌と関与すること示唆する重要な実験でありました。

 →皆様方もB型やC型肝炎ウイルスの持続感染により慢性肝炎、肝硬変となり肝癌が発生することやパピローマウイルスの感染により子宮頸がんが発生することは皆様もマスコミ等でご存じと思います。

これらの歴史的な疫学により、上記のウイルスなどの持続感染でも癌化が起こることが分かっていたのですが、胃酸(=塩酸)がある胃の粘膜にはウイルスや細菌は住み着かないと研究者の間でも思い込んでしまっていました

胃酸の様な強力な酸性の中でも生き延びる細菌(ヘリコバクタ・ビロリ菌 )が胃の粘膜で見つかり、色々な病気と関連があることで、2005年のノーベル医学・生理学賞を受けることになったのです。

Th__20210906191001

これまで強力な酸性の胃液(塩酸)で細菌やウイルスは死滅するものと考えていたのですが、実際はピロリ菌はこの強力な胃酸から身を守りながら胃の壁に食い込むように生きていて、胃に慢性の炎症を引き起こします。慢性萎縮性胃炎とよばれ、胃癌の発生母地と考えられています。 胃に慢性の炎症を引き起こすことで胃癌になりやすい状態を作っていたのです。肝炎ウイルスの持続感染と似たメカニズムです。 ピロリ菌は幼少期に感染が起こると言われていますので、胃がん発生には何十年も慢性炎症を起こした結果、発症すると考えられています。胃がん以外にも現在ではピロリ菌関連疾患も次々と関連がはっきりして来ています。

Th__20210906191002

日本人の50代以上の年齢ではピロリ菌をかっている(?)のが70%を越えます。しかし皆が胃癌になるかというとそうでもありません。ただピロリ菌のいない人で胃癌になるのは稀でもあります。

ではピロリ菌だけが胃癌の発生と関与するのか? つい10〜20年前まで塩辛い食べ物を食べる地方で胃癌が多いため、塩分過剰摂取が胃癌発生に関与する最大の原因と言われていました。 今でも食塩濃度の高い食事の関与は明らかです。 その他に喫煙多量のアルコール緑黄色野菜不足食品添加物生活習慣病、加齢などなど・・・発癌と関与することが疫学的に分かっています。 さらに遺伝子の異常による関与も解明されつつあります。1つの因子だけでなく色々な原因が絡み合って癌が発症します。

私のような老外科医には遺伝子レベルのことにはついていけませんので、簡単に胃がんのリスクとなる慢性炎症や刺激を引き起こす原因をある程度排除出来れば胃がんの発生はかなり減少すると思います(年齢は防ぎようもないので😅)

日本では今後胃がんが減少して行きます。そして大腸癌や膵癌、乳がん、前立腺がんなどが増えて行くと思いますし、喫煙率の低下と共に肺がんも徐々に減少に転じると考えています。 

そのようなことを考えると日頃の生活習慣や嗜好品なども重要だと改めて思うのです(私はあまりやれていませんが😂)。

2021年9月 5日 (日)

世界を夢みて(258):シュコツィアン鍾乳洞(シュコツィアン洞窟群:世界遺産)

リュビリャナ市内から午前にブレッド湖を見学。昼食はスロベニア伝統料理を食べて、午後から世界遺産のシュコツィアン鍾乳洞を見学(ただし内部は撮影禁止)に出かけました。

シュコツィアン洞窟群(スロベニア語:Škocjanske jame ; イタリア語 Grotte di San Canziano)は、スロベニア南部のクラス地方(Kras:カルスト地方)にある洞窟となっています・・・この字どこかで見たことありますか?・・・カルストって日本だったら秋吉台の「カルスト地形」で習ったことがあるかも知れませんが・・・そうこの地方の名前が「カルスト地形」の語源になっているのです。

Th_dsc01214

**カルスト(独;Karst)地形とは、石灰岩などの水に溶解しやすい岩石で構成された大地が雨水、地表水、地下水などによって浸食されてできた地形(鍾乳洞などの地下地形を含む)のことです**

独自の景観と歴史から1986年に世界遺産(自然遺産)にシュコツィアン洞窟群として登録されています。その中で有名なのはシュコツィアン鍾乳洞とその南西に33Kmに在るポストイナ鍾乳洞も有名ですが、ここを訪ねる場合にはどちらかに立ち寄ることが多いようです。勿論時間があれば両方でしょうが・・・

私も世界遺産と聞いて訪ねたのですが、ネットで調べたら、「日本ではあまり馴染みがありませんが、海外では名の通った自然遺産で、グランドキャニオン、ガラパゴス諸島、エベレストなどと並んで人気があります」と書いてありました。確かに日本でグランドキャニオン、ガラパゴス諸島、エベレストを知らない人は少ないと思いますが、逆にシュコツィアン鍾乳洞を知っている日本人は殆どいないのではないでしょうか?

Th_dsc01220

鍾乳洞の美しさでは我が沖縄県の玉泉堂の方が上だと思うのですが、ここスロベキアの鍾乳洞は規模がまるっきり違っています。スロバキアの大地を流れるレカ川が長年にわたりカルスト台地を削ったために、巨大なドリーネ(すり鉢状のくぼ地)から地下に潜り込み忽然と消えてしまいます。しかしこの川の水は消失した訳ではありません。石灰岩の台地を削って深さ200m以上、長さ6kmにもおよぶ地下川洞窟、地底湖、滝など雄大な景観を作り出して行きます。レカ川は約40キロ下流のイタリア、モンファルコーネ近郊で再び姿を現し、ティマボ川となって2キロほど流れるとアドリア海に注ぐというなんとも規模がでかいのです😃

Th_dsc01189

カルスト地形の山の中を進んで駐車場から歩くと、うっそうとした緑の中でコンクリートに被われた入り口が見えて来ました。
Th_dsc01193
このような小さな入り口から、洞窟探検です・・・・がなんと出入り口以外は、撮影禁止です(ガ〜ン!)

と言う訳でWikipediaから写真を借用しました・・・

Th_-wikimedia
Th__20210210153501
洞窟内には、「ルドルフ大聖堂」と呼ばれる石灰段丘、たけのこ状に伸びた石筍が連なる「大広間」、地質学的に最も古い「沈黙の洞窟」など、幾多の鍾乳石が織りなす地底世界が広がります。洞窟は非常に広くて長いので、ガイドが同行しなければ散策出来ません。

Th_dsc01195
Th_dsc01203

暗い鍾乳洞の中から光が差す出口が見えて来ました。入り口付近から、撮影可能となります。この写真を見るだけでも洞窟の大きさがイメージ出来ると思います。この巨大な空間をレナ川が作り出したのですね。
Th_dsc01208

出口の側にも世界遺産のプレートがはめ込まれていました。
Th_th_skocjan-caves
しばらく遊歩道を歩くとやはり凄い渓谷だということが分かります。谷が深いです
Th_dsc01213
だいぶ鍾乳洞内を上部から下方へと歩いたせいでしょうか? だいぶ深いところに来たようです。ここから上方の見晴らし台まではリフトが有り楽ちんです。

Th_dsc012
全体の凹みも中央に穴が開いた洞窟も全て水の力が作り出した景色だったのですね。またシュコツィアン一帯では先史時代の遺跡も発掘され、その出土品から1万年以上前から人類がここを住みかとしていたと考えられるとのことで、鍾乳洞だけでなく人類の遺跡も沢山発見されているそうですよ。
次回はスロベニア共和国の首都リュブリャナの市内観光を紹介致します(2013年旅行)。

2021年9月 3日 (金)

今週の生け花(令和3年9月第1週)

今日の那覇市は朝方は天気がよかったのですが夕方からは突然の大雨に急変しました。政治の世界でもどうやら予想しない急展開の様相です。

2021年も9月となって来ました。あっという間に過ぎてしまい、もう夏も終わりを迎えるのですね。一昨年から続くコロナの騒動は私の昨年の読みでは、今年の夏までにはワクチン接種を多くの国々(少なくとも先進国の国々)ではワクチンがほぼ終了して、夏のバカンスシーズンはマスクや手洗いは実行しても、日常生活や旅行は普通に戻ると考えていました・・・私が考えていた以上に手強いですし、ワクチンの供給がここまで遅れるとは想像していませんでした。

日本もリーダー不足ですが、世界もリーダー不足に陥っています。各国の利害関係がワクチン外交にも影響を与えてしまい、世界をあげてワクチンの生産に取り組むことが出来ませんでした。 WHOが中心になってワクチン製造の特許権も取得できれば多くの国でワクチン生産が加速したと思うのですが・・・

まあいつもの私のブツブツの後に、生け花をみて心を静めて欲しいと願っています。

Th_img_5589

丸く赤い花器の上に、ナナカマドの赤い実が印象的です。ナナカマドは沖縄では咲かないと思います。私にとってはナナカマドは学生時代に登った秋の山の紅葉が印象的な植物でした。
Th_391

黄色のお花はいつも間違えるのですが「小菊」ではなくて「姫ヒマワリ」です。姫ヒマワリはキク科ヒマワリ属の1年草と書いてありましたので、当たらずと雖も遠からずです。ちなみに一般的な「菊」はキク科キク属となっています。
Th_391_20210903075701

今日のお花は晩夏から秋の始まりを予感させるような雰囲気です。これから季節が移って行くのですね。コロナ禍の中で少しため息をついて気持ちを切り替えたいものです。
Th_391_20210903075702
<花材:ななかまど、りんどう、姫ヒマワリ、万年竹>

2021年9月 1日 (水)

夏バテの原因と対策

今日のFMレキオ「いきいきタイム」は夏バテについて話をしました。このブログでも夏バテについては何度か書きましたので同じ内容です😅

では「夏バテ」とはどのような状態でしょうか? 

実はその定義は難しくて、多くの場合は夏場に起こる疲労、倦怠感、無気力、めまい、食欲不振、不眠などを称して定義されます。夏バテは医学用語ではありませんので、強いて言うなら「暑熱性障害」とか「熱衰弱」が近いかも知れません。

(A)人間は体温の維持に沢山のエネルギーを費やしています。暑いと体に貯まった熱を逃がすため、体表の血管を広げ、汗をかいて体温の維持に努めます。そのため莫大なエネルギーを必要とすると共にこれらを調節する自律神経にも負担がかかります。

(B)クーラーなどがなかった時代は熱の放散のためエネルギーを費やされ、食欲も落ち、暑さのため眠れなくなり体の衰弱として現れました。いわゆる「夏負け」の状態で、夏に体重が落ちていく原因となりました。

Th_2000

(C)それに加え(今はこちらの方が多いでしょうが)、現代社会ではクーラーの不適切な使用により、自律神経に更に負担がかかり異常をきたします。  クーラーのかけ過ぎた室内と暑い屋外を出入すると人間の体は夏なのか冬なのかわからない状態となってしまうのです。いわゆるクーラー病の状態で体温を調整する自律神経のリズムが乱れて、体全体の不調となります(暑い屋外で体表の血管や毛穴や汗腺が開き汗がでやすいようにしますが、急に冷えたクーラーの中に入ると血管・汗腺・毛穴などが閉まります、この調整をしているのが自律神経です。これが1日に何度も繰り返されると自律神経は疲れ果ててしまい、「もう勘弁して」となるのです)。

現代の夏バテは前者(A),(B)加えて後者(C)の病態も加わった、エネルギーの消費増大自律神経の不調が大きな要因となるのです。この様に夏の長い暑さで少しずつ、ダメージを受けた体は秋口にはとうとう悲鳴を上げてしまい、夏バテの症状が出現してしまうのです。


Th__20210831100001

<夏バテ対策>上の図を参考に夏バテ対策をとるように心がけましょう。

①ただでさえ高温高湿度の夏は自律神経に負担をかけています。現代人はそれに加えてクーラー使用のために短時間で温度差のある室外と室内を往来することもあります。私達の体にとって無理のない気温の適応範囲としは5度以内と言われています。極端に外気が暑い場合を除いて、外気温と室内のクーラーの温度差は5度以内に調整出来たら良いのかも知れませんね。出来ない場合は屋内では一枚余分に羽織ることが出来る衣服なので調整して欲しいと思います。

②気温が上昇すると動物は食欲が低下します。これは本来は寒い方が体温を維持するために莫大なエネルギーを消費するために食欲が増加するように作られ、暑いと熱産生は必要が少ないため食事の量も多くは必要としないためです。しかし適温以上に暑くなると発汗のためにエネルギーを使うことになります。夏は食べやすい様な食品を選んだり、十分なカロリーや水分やミネラルの補給なども心が得て欲しいと願います。

③暑いと寝苦しいものです。熱中症対策にもなりますので、夜間も上手くクーラーを使用して欲しいと思います。また夏は昼が長くて眩しい時間が多くなります。室内の明るさも上手く調整して寝やすい環境を整えて欲しいと思います。

9月に入りましたが、日本列島はまだまだ熱さが続くようですし、熱中症対策を取りながら夏バテを防ぐようにも心がけて下さいね。

 

2021年8月29日 (日)

世界を夢みて(257):ブレッド城

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

前日に成田→ヘルシンキ→スロベニア共和国の首都に入り爆睡。時差ぼけもなく朝から快調に旅行開始です😃。

リュビリャナ(スロベニア)市内からオーストリアとイタリアの国境近くにあるブレッド湖へバスで移動(約55 Kmで1時間程度で到着)。途中長閑な田園風景を眺めながらブレッド湖に近づくと流石に有名な観光地だけあって次第に別荘やホテルの増えて来ました。このブレッド湖周辺は昔からヨーロッパ有数の別荘地でかつてはセルビアの王族や、ハプスブルク家の貴族が居を構えていたそうです。

ブレッド湖の中の聖マリア教会があるブレッド島に渡ることが出来ます。この島から見える景色も美しいです。





Th__20210620153501崖の上に見えるのがブレッド城です。ブレッド湖周辺を観光後、ブレッド城へと向かいました



Th__20210624115301
Th_dsc01178
ブレッド城の城壁からブレッド湖を見た瞬間はやはりため息が出ました。湖面に浮かぶブレッド島、遠くはアルプスの山々が連なる雄大な景色を見るとここを訪ねてよかったと思えるのです。

Th__20210208152801
「アルプスの瞳」ともいわれ、ユリアンアルプスの最高峰トリグラフ山を背景に国立公園に指定されたブレッド湖に滞在して、周辺の美しい自然を満喫してみましょう。

Th__20210624101701
ブレッド島を拡大してトリミングしてみました。先ほどまで滞在した聖マリア教会と湖の色の変化が美しいです。

Th_dsc01179
ブレッド城内にはカフェもあり、この素晴らしい景色を眺めながらくつろげますよ💖
Th_2_20210208152801
Th__20210624115401
Th_dsc01176

城内には活版印刷所があり、観光客にも人気のようです。英語で自分の書いて欲しい氏名を書くと、その文字を探してきて、上の装置の中に組み込みます。何種類かイラストの違うものがありますので、自分で好きな者を指定出来ます。折角ですので私もお土産に自分と家族用の作って貰いました。実際に手前のレバーを押したりして実践させてくれます。

Th__20210711113801
実際はもう少し鮮明でしたが、2013年からずっと飾っていましたので、少し変色したかも知れません。買い物は殆どしませんが、このようなカードは後々思い出にもなるかも知れません。それ程高くはありませんので気に入れば買っていったら如何でしょう。
Th_dsc01171

ブレッド城内の礼拝堂でしょうか。こぢんまりした可愛い礼拝堂です。
Th_dsc01185
城内にレストランもあり、そこでスロベニアの伝統料理で昼食を取りました。メモにはマス料理と書いてありましたが、料理に興味のない私のせいかブレッド湖の写真は沢山ありました、ここの料理の写真は1枚もなくご紹介出来ません😅
Th__20210624115402
ブレッド城を降りて湖畔から宿泊地に戻ります。

2021年8月27日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第4週)

あっと言う間に来週から9月に入ります。今年の沖縄は7月から長い間影響を受けた台風や前線の影響で、カラット晴れた青空が続く夏が少なかったように感じています。

未だに新型コロナウイルス感染症の増加が止まらない事態が続いていています。1度感染者の数を減らして医療などの安定化を計って貰いたいと願っています。これから新学期を迎え、子供達や大学などでも部活なども盛んに行われると考えられます。更に子供達への感染が広がらないか心配です。 

日本では12歳以下の子供はワクチンの対象でありませんので、親の世代(主に20〜40代の年齢層)の接種率を上げることが家庭内感染を防ぐ手立てだと考えます。1日も速く全国民のワクチン接種が終了して欲しいです😂

何時ものように病院の2階の小さなスペースに今週も生け花が飾られたいました。ありがたいことです🙇

Th_img_5555

細長い白い花器の上には鮮やかなほおずきが飾られ、その量サイドには葉材のソリダスターとアセビが対照的に飾られています。
Th_384

上方にはトクサの節を曲げてアクセントをつけていますし、葉をおとしたアンスリュームの先端に開く赤い苞もインパクトがあります。
Th_384_20210828091301
来週からは9月です。ほおずきも見納めでしょうか。少しでも感染が収まり、心に余裕を持ってお花を眺めたいですね。
<花材:ほおずき、トクサ、アンスリューム、ソリダスター、アセビ>

2021年8月25日 (水)

抗体カクテル療法について

今日のFM放送は再度新型コロナウイルス感染症について話をしました。何度か話をしましたので、放送では、妊婦さんにとってのワクチンのメリットと感染した場合の連絡網の確認や危険性について追加して説明しました。後半では現在の新型コロナウイルス感染症の重症度と治療法について話をしました。私に取っては専門外ですので、可能な限り分かりやすくまた間違った情報でないことに気をつけて説明するつもりです。
まずはもう一度新型コロナウイルス感染症の症状と一般的な経過について、厚生労働省の新型コロナ感染症診療手引き第5.2班から引用します。言葉で説明するよりこの方が分かりやすいそうです。
Th__20210824175701

現在日本中、特に東京などで感染爆発に医療機関の入院体制が追いつかずに、本来なら入院の対象者が入院できずに自宅待機を強いられている厳しい現実に直面しています。 
Th__20210824175702

現在の症状を元に軽症から重症の診断基準や治療法について、上の図にまとめてみました。中等度1でも原則入院で急変時などに備える必要がありますが、東京では多くの方が自宅待機となっています。更にその上のより厳しい状態の中等度Ⅱの患者さんも入院できずに、不幸にも自宅で亡くなったというニュースで報道されています。 
ひとまずは感染者を減らして(=人流を抑えて)医療体制が追いつくまで全体の患者数を減らすことが僅々の課題です。 東京都や政府は酸素ステーションの前に人流をストップする政治決断をしなければならないと思うのですが・・・
新型コロナウイルスに打ち勝つには最も重要なのはワクチン接種率の増加です。多くの感染症では国民の6〜7割がワクチンを接種すれば集団免疫が出来て感染は落ち着くと言われています(デルタ株のような感染力が高い場合には7〜8割と更に多くの方の接種が必要になるようです)。
現時点で新型コロナウイルス感染症に対する特効薬はありませんでした。これまでは既存の薬を使うことで一定の効果を得ていますし、現在抗ウイルス薬(エボラ出血熱)のレムデシビルやリウマチの薬のバリシチニブや抗炎症作用の強いステロイド(デキサメタゾン)や血栓形成(D.I.C )予防のために抗凝固薬のヘパリンを用いる治療がなされています。 これらを組み合わせながら現場では使っています。酸素飽和度の状況で酸素投与や人工呼吸器到着、ECMOなどの体外循環装置を使用して救命を行っています。
Th__20210824175703
最近にわかに名前を聞くようになったと思いますが、コロナの切り札のように「免疫カクテル療法」が政治家からも名前が挙げられるようになっています。
以前免疫システムについては書きましたのでご覧になって頂きたいと思います→{免疫システムについて}ワクチンを打って感染を防ぐのはウイルスの持つスパイク蛋白質に反応する抗体を作ることにあります。 コロナウイルスが身体に入ると、私達の細胞の受容体にくっついて細胞の中に入り増殖します。もしもワクチンを打って十分な抗体が出来ると、ウイルスが入って来ても抗体がウイルスのスパイク蛋白に結合して細胞への侵入を塞いでくれます。
もしもワクチンを打っていなくて(ワクチンを打っても十分な免疫がついてない場合)も、外から(点滴で)この抗体に近い物質を入れると、免疫反応に近い状態に持って行くことが出来ます。 この抗体を遺伝子組み換えで作ることが出来るようになりました。 この抗体をいくつか作り出したいるのですが、1つでは不十分なために、有力な2種類の中和抗体(カシリビマブおよびイムデビマブ)を注射薬にしたのが、今回のワクチンカクテルと呼ばれているのです。 2種類の中和抗体であることより「カクテル」と呼んでいるのです。
このカクテル(中和抗体)はその原理から分かる様に、感染が起こって時間が経って使っても意味が余りなく、感染が起こった初期の段階で効果を発揮することがイメージとしても判ると考えます。 初期の段階から点滴治療を行えば重症化を防ぐことが可能という原理となるのです。海外の論文(→プレプリント)でも入院や死亡のリスクを70%減らすと報じられました。

これは素晴らしい!、画期的と思うのですが・・・では何が問題か・・・抗体を作るのにもの凄くお金がかかること、多量に作ることが現時点では出来ない為に供給量に問題がある点です。そのために現時点では重症化リスクのある対象者のみとなっています。光はみえているのですが、まだ一般的に使用できる段階になっていません。 
ですので現時点ではワクチンを早く全国民が受けれるようにして欲しいのです。

2021年8月22日 (日)

世界を夢みて(256):ブレッド湖観光(ブレッド島、聖マリ教会)。

このブログの記事をまとめたホームページを作りました。見て頂くと嬉しいです😃(ニライの夢:https://dreams-nirai.com )。

前日に成田→ヘルシンキ→スロベニア共和国の首都に入り爆睡。時差ぼけもなく朝から快調に旅行開始です(2013年の旅行記です)😃。

Th_2013

リュビリャナ(スロベニア)市内からオーストリアとイタリアの国境近くにあるブレッド湖へバスで移動(約55 Kmで1時間程度で到着)。途中長閑な田園風景を眺めながらブレッド湖に近づくと流石に有名な観光地だけあって次第に別荘やホテルの増えて来ました。このブレッド湖周辺は昔からヨーロッパ有数の別荘地でかつてはセルビアの王族や、ハプスブルク家の貴族が居を構えていたそうです。

Th__20210208151801

ブレッド湖の周辺にはこのようなファストフード店も軒を並べています。

Th_dsc01105
ブレッド湖の観光には欠かせない渡し船です。ブレッド湖の中の聖マリア教会があるブレッド島に渡ることが出来ます。水質保全のためでしょうか、モーターではなく手漕ボートです。
Th__20210208151803

Th__20210704140401
何名か揃った時点で、ブレッド島に向けて出発です。モーター音もしませんので、のどかな感じがします。小さな船もありましたので、カップルなどで乗ることも可能かも知れません?
Th__20210208151804
Th__20210208152001
船着き場から到着後教会まで登るためには98段の階段があります。この美しい教会で結婚式を挙げるカップルも多いと聞きますが、結婚式では新郎は新婦さんを担いでこの98段を登りきらないといけないとのことです。

Th__20210208152002

この塔の上にも登ることが出来るとのことですが、今回は時間がなくて登れませんでした(残念)
Th__20210208152003


Th_dsc01129

その昔、ブレッド城には夫を亡くして嘆き悲しむ未亡人が住んでいました。彼女は持っていた金銀すべてを鐘に変え、ブレッド島のこの教会に寄贈しようとしていました。しかし完成した鐘を島へ運ぶ途中に激しい嵐に遭い、鐘は船と供に湖に沈んでしまいます。全てを失った未亡人は、城を離れローマで修道女となります。彼女の死後、その話を知ったローマ法王が彼女の思いを汲み取ってこの教会に新たな鐘を送りました。

今でもこの聖マリア教会にある鐘を7回(3回?)鳴らすと幸運が訪れると信じられており、特にカップルで鐘を鳴らせば永遠の愛が約束されるという言い伝えが残っています。ここに来る方は多くの方が鐘を鳴らしていました(以外と難しくてコツが必要そうでしたが・・・)ちなみに私は観ていただけでやっていません😅

Th__20210208152004

Th__20210208152005
外に出るとカフェなどもあります。ここでコーヒーのみ頂きましたが、ゆっくりする時間もなく慌ただしく周囲の写真を撮りに行きました。
Th__20210620153501
ブレッド島から崖の上のブレッド城を眺めです。本当に美しい景色でした。

Th__20210208152101
帰りも手漕ぎのボートで帰り、少しだけ湖畔を散策後、ブレッド城へと移動となりました。

2021年8月20日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第3週)

日本各地での感染爆発が止まりません。自宅待機中に亡くなる若い世代の方も出て来たり、感染した妊婦さんを搬送出来ずに子供さんが亡くなる悲劇も現実的に起こっています。今でもワクチンの無効性や有害だけを強調するような悪質な発信者が後を絶たず、それを鵜呑みにする方が多いことに苛立ちと悲しみを覚えます。もちろんワクチン効果や病気に対して100%はあり得ません。特にワクチン関連死が強調されています。殆どはワクチンと関連はないと思いますが、最悪の状況(ワクチン接種後に亡くなった方を全てワクチンのせいにした場合)でも死亡する確率は0.002%です。コロナ感染で死亡率は1.4%となっています。更にコロナ感染後の後遺症に悩む方も非常に多いのです。このような数値を積み上げて冷静な判断を下して欲しいと願っているのです。

感染に歯止めがかからない状況でのイライラ感も募りますが、今回も生け花達のお陰で冷静さを保つことが出来ています。

Th_img_5542

今回は斜め上からの写真を最初に持って来ました。千年木の青い葉に、フトイの直線が出す影も面白く感じました。
Th_383
丸い褐色の花器に、黄色のオレンジュームやピンクの野バラが柔らかい花を咲かせ、豪快な形のアンスリュームとの対比も面白いです。これらのものを含めて全体的にはバランスが取れた作品に仕上げています。

Th_383_20210819095201

それぞれの花々を拡大すると異なる独立した花材であることが良く分かります。生け花全体としてはまとまった雰囲気になっているのはやはり生け花クラブの皆様の実力が高いからなのでしょうね。
Th_383_20210819095202
<花材:フトイ、オンシジューム、アンスリューム、ヘリコリア、野バラ、千年木>

2021年8月18日 (水)

久々のギター録音:アビーロードの街(かぐや姫)

(今日は第3週の水曜日ですので会議のためにFM放送は担当ではありませんので医療ネタもありません。先週のFM放送内でかけたアビロードの街を動画編集しました。宜しければお聴き下さい)

昨年から続いているコロナとの戦いに追われてなんとなくギターを弾く気力もなくなっていたのですが、8月9日の今年限定の「山の日」の移動による振り替え休日となりました。時間も出来たので久しぶりにギターを弾いてみました。その中から今回は1973年(昭和48年)にリリースされたかぐや姫の「アビーロードの街」を録音してみました。

Th__20210817201901

この歌詞の後半に、10円玉を握りしめて公衆電話から彼女に電話をかける歌詞が出て来ます。如何にも昭和の中盤の時期だよなと思い返しました。 携帯電話なんてない時代だし、インターネットなんて言うことも考えたことのない時代でした。 相手への思いは手紙で伝える時代でした。 文を書いては書き直し、それを投函して相手がどのような思いで読んでくれるのか、果たして返事は来るのかと祈りながら待つ日々がその時代にはありました。 今では直ぐにネットで投稿し返信が直ぐ来ます。 携帯で直ぐに話を出来ますし、地球の裏側まで相手の顔を見ながらお喋りも出来る時代となりました。 凄く便利になったと思いますが、やはり今でも好きな人への連絡は勇気がいるでしょうし悩むことも昔となんら変わらないことがと考えています。

私は高校時代まで医学にゆくようなレベルの勉強をしませんでした。医学部に行くと見栄を張って東京の予備校に出かけ、そして自分の実力のなさを思い知らされました。何年も浪人しました。毎月1回仕送りの件で100円玉を幾つか握りしめて、沖縄の実家に電話をかけます。申し訳ないけど今月もお金を送って下さいとお願いしました。本土から沖縄に電話するのに100円玉でも直ぐに終わってしまいます。それでも両親やおばあちゃんが電話口に出て励ましてくれました。多くを失った私にとっては最後の砦でした。

・・・色々な思いが浮かんだ夜でした。

小さなレコーダーでの録音ですので、唄もギターも分離できませんのでバランスが悪いです。いつもの様に下手の唄を写真で誤魔化しています。よろしければお聴き下さい。

 

2021年8月15日 (日)

世界を夢みて(255):2013年旅行記(スロベニア・クロアチア・セルビア・モンテネグロの旅)

(今日は76年回目の終戦記念日です。勝ち負けに関わらず戦争ほど愚かな行為はありません。末端の人々がわざわざ命を捨てて戦争しようとは考えません。政治が失敗した結果のツケを国民が払わされるのが戦争です。戦争をした後の世界を想像出来ない愚かな政治家が世界中で増えていることを心配しています。戦争より平和の維持が困難であることを肝に銘じる終戦の日です)

2013年 かねてから旅行に行きたかったクロアチアを中心に旅行を決定しました。

Th_2013

私が初めて東欧を旅行したのは 1980年代でしたので、まだチェコとスロバキアも分かれるいませんでしたし(チェコスロバキア共和国)、ユーゴスラビアもまだ1つの国でした(ユーゴスラビア社会主義連邦共和国)。

旧ユーゴスラビアは沢山の民族や宗教が交差するために、昔から安定しない地域と言われていました。よく「ヨーロッパの火薬庫」とも称される地域でした。戦後はスロベニア社会主義共和国として、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国に取り込まれます。その後内戦を経てスロベニアは独立しますが、ユーゴの中では地政学的にイタリアに接するような北西の地にあったお陰で、首都リュビリャ(ア)ナも戦争の影響を殆ど受けずにすんだようです。

Th__20210208143001

2013年の旅行先は「クロアチア」が主ですが、その他の旧ユーゴスラビアの国々も1部回ることが出来ました。

私の場合は海外旅行の際は沖縄に住んでいる影響で前泊しないいけないことも多くあります😢。最終便で羽田に飛んで、翌早朝に羽田から成田に向かうことに。フィンランド航空にて11時成田を出発。出発の時点で、ヨーロッパ時間に時計を合わせて睡眠を取るようにしています。エコノミークラスですが、事前 iPhoneに連続ものの映画を入れていましたので、3部を見終わる前にヘルシンキ国際空港に到着。ヘルシンキ空港は日本からは最短のヨーロッパの空港で、ヘルシンキからヨーロッパ各国への路線も充実していて、便利なパブ空港となっています。

Th_dsc01088

ヘルシンキを16時50分に出発し、スロベニアの首都リュビリャナにあるブルニーク空港には予定通り18時30分に到着となりました。


Th__20210208145201
空港から市内へ向かう道沿いに長閑な畑や遠くに山々が見えてきて、長閑な国なのだろうかと想像しました。直ぐにリュビリャナ市内に入ると、旧社会主義国家によくある統一した高さのアパートが整然と建っていました。
Th_dsc01097
Th__20210208145601
Th_dsc01098

ホテルに到着後は何時ものように直ぐに街を散策です。彫刻があったり、街の雰囲気も、イタリアとか西側の国と何ら変わらない感じの雰囲気となっていました。

Th_dsc01096

明日からは短くても濃い旅行が始まります。どうにか眠気を払って現地時間の夜まで起きていて、シャワーを浴びた後23時に入眠・・・爆睡😴・・・翌朝からは時差ぼけもなく全力で遊びます😃

2021年8月13日 (金)

今週の生け花(令和3年8月第2週)

全国での新型コロナウイルス感染症の新規感染者の増加が止まりません。それに伴い重症者の増加も歯止めがかからず医療負荷が最悪の事態になってきています。デルタ株の感染力が前面に強調されていますが、これまで何度も言っているように「ウイルスは自分では動きません」・・・感染を広げているのは人の流れなのです。 特に若者達はワクチンも打っていないのに夏の観光に出かけたり、仲間でバーベキューをしたりする中で感染が広がっている実態があります。 またワクチンを2回終了後でも新型コロナウイルスに罹患することがあることを考えて欲しいと願っています。

現実的な対応では、国民が1日でも早くワクチンを接種すること、接種がまだの方は当然ですが、接種終了者も三密を避け、マスクをして、手洗いをするなどのこれまでのコロナ対応を徹底して欲しいと願っています。兎に角8月いっぱいで感染爆発を食い止めて、減少に転じて欲しいと祈っているのです。

8月も2週となり本土の方ではお盆に入ったと思います(沖縄県旧盆ですので、今年は8月20〜22日となります)。今週も生け花クラブがあったようで2階のいつもの場所にも生け花が飾られていました😀

Th_img_5505
舟形の白い花器の上に石化柳の無骨な枝が目立っています。この荒々しさを感じさせる骨格の中で、野バラやクルクマ、ワックスフラワーの柔らかい花々が対照的に中央に集められています。

Th_382
Th_382_20210813175101

赤紫の大きめな花がクルクマでピンク色の野バラ、写真左上の花がワックスフラワーです。ワックスフラワーはオーストラリア原産の小低木で、緑色の柔らかな針葉と、赤や桃、白花をつけます。花は名前にあるようにロウ質で光沢があるそうです。黄色みがかった実はビバーナムの実です。花は良く見かけるのですが、球状に花が咲いている状態と今回の実の状態では同一の植物だとは気づきませんでした。

Th_382_20210813175102
<花材:石化柳、ビバーナム、クルクマ、ワックスフラワー、野バラ>

2021年8月11日 (水)

腎臓の働きと注意点

今日のFMレキオは慢性腎機能障害(CKD)について説明をしました。

ブログは腎機能のついて記載したいと思います。

私達の腎臓は左右2個、お腹の後面(後腹膜)にあるそら豆の形をした臓器です。片方の重さが120g程度で拳より少し大きい程度です。その中には私達の尿を作る基本単位の「ネフロン」が100万個以上ぎっしと集まっています。

腎臓は何をするのと聞けば、恐らく「オシッコ」を作り出す所とすぐに答えるかもしれません。 では「尿の原料は?」と聞かれると一瞬戸惑うかも知れません・・・・・よく考えれば当たり前ですが、私達の血液です。 

腹部大動脈から腎動脈より腎臓に流れた血液は、目にみえないような細い網目状のネフロンを通りながら、何度も濾過と再吸収を繰り返して、最終的には99%は再吸収されて、尿として排出される量は1日1〜1.5リットルとなります(おおよそ腎臓は1日100〜200リットルの血液を濾過していることになります)。 

Th__20210810162801

体の中には様々な代謝物、老廃物、有害物質が作り出され血液の中を循環しています。腎臓はそれら必要でない色々な物質を血液から採りだし尿として体外に排出します。

人間の血液の中には細菌は存在しません(存在していたら菌血症と言って重篤な感染症の状態です)。私達のオシッコは元は人間の血液ですので、尿そのものには細菌はいないのです。尿は唾液や便と比べたらはるかに綺麗な訳です。

でもよく膀胱炎とかで病院に行ったら「尿の中にバイ菌が出ています」と言われることがありませんか。 尿道は男性と比べて女性は短いため、外からの菌が膀胱に入り込み膀胱炎などの尿路感染症を起こし易くなります。そのため尿路感染症は圧倒的に女性が多いのです(逆に男性の場合は尿道が長くて途中に前立腺があるため、中年以降の男性では尿が出しにくくなる前立腺炎や前立腺肥大の影響が大きいのです)。

<その他の腎臓の大切な役割>

②不要な物質の除去と共に水分の調整をしてくれるのも腎臓です。腎臓が正常なら多く水分をとると沢山尿が出ますし、少ないと濃縮した尿となります。私達は正常な腎臓のお陰で、今日の水分量は○○mlと計算しなくても自由に飲める訳なのですね。

③それ以外の腎臓の役割は、呼吸と連動して体の酸塩基平衡(PH:ペーハー)やNaやKなどの電解質を調整してくれます。

④また腎臓はエリスロポエチンというホルモンを分泌し、これは血液を作る骨髄に作用して赤血球の産生を調整します。そのため腎臓が悪いと貧血になってしまいます。 

⑤腎臓の入り口には血圧を監視するモニターがあって血圧を調整するレニンと言うホルモンを出して血圧をコントロールしているのです(血圧を管理するホルモンは他にもあります)。

<大切な腎臓を守る為に>

大切な臓器ですが、ひどくなるまで症状には出ません。健診などで指摘されることが多いと思いますが、糖尿病と高血圧が腎機能悪化の原因として多いため、その疾患を持っている人は日頃から腎機能に気をつけた方がいいと思います。

腎機能が低下していると指摘された方々にとって気をつけることは脱水を避けること、食事に関しては、蛋白質と塩分の過剰摂取を避けることにあります。 

三大栄養素の一つの蛋白質は体内で燃焼すると尿素窒素や尿酸などの有害な代謝産物が出現し、その分解処理を行うのが腎臓となります。また塩分の排泄も腎臓が行う為、腎臓の負担が増えてしまうのです。炭水化物(糖分)と脂肪は体内で消費されると後に残るのは二酸化炭素と水分となり腎臓そのものには負担をかけません(ただし高血糖や高血圧、高脂血症は腎臓の毛細血管に障害を与え、腎機能の悪化を来しますので、生活習慣病にも注意を払う必要があります)。 

大切な腎臓ですので日頃からいたわって下さいね

«世界を夢みて(254):2013年クロアチア旅行(序章)